スポンサードリンク             

相手を説得するならこんな方法



・「〜いいですね!」

相手と距離を縮めるには、ちょっとしたテクニックが
必要です。たとえば、相手が自分の知っているブランドの
時計をしていたら「○○の時計ですか。いいご趣味ですね。」
とほめましょう。


・「〜でもいいですから」

手ごわい相手に何かを頼む時は、心理的抵抗を
下げてくれます。

よく、新聞配達員が「1ヶ月でいいですから、契約
してくれませんか?」なんて使ってませんでした?



・”存在感”を演出する

胸を反らせ、相手を高圧的な威嚇姿勢をとることで、
交渉を有利に進めることができます。



・「早口」と「ゆっくり」の使い分け

スピーチの速度の遅い人は「信頼できる、落ち着きのある
人物」と評価されます。
逆に、速い人は「はげしい、すばやい、活動的、積極的、
強い人物」という評価の反面「説得力に欠ける」
と評価されます。



・穏やかに話す

一生懸命何かをアピールする人がいますが、
話の内容の理解度を高めるためには、穏やかな
話し方の方がよいとされています。

スポンサードリンク             
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。